長楽寺に伝わる「開基濃州長楽寺実記」によれば千年余の樹齢と推察される。
2.5mの高さのところで幹が4本に分れ、その内太いものは目測4mくらいあり、樹勢は旺勢で年々伸びつつあり、県内で稀な大木である。